シャンプーの成分

dog tongue

体がかゆくなり、やがて症状が進むと痛みさえ現れてひどいことになってしまうマラセチア皮膚炎。その原因はワンちゃんの体にもともと存在している真菌(カビ)であり、それが繁殖して……という話は別の記事で書いていますが、ここではそんな真菌の繁殖によって引き起こされたマラセチア皮膚炎を治すための具体的な方法をお教えしましょう。それは、マラセブシャンプーを使うという方法です。ワンちゃんの体を洗ってあげるときのシャンプーをこっちに変えてあげることで、症状はウソのように消し去ることができます。
マラセブシャンプーの主成分となっているのは、ミコナゾール硝酸塩という物質です。これは、特別にワンちゃんのために存在する物質ではありません。
私たち人の体に対しても一定以上の効果を持っています。たとえば私たちの身に起こる真菌が原因の病気、カンジダ症を治療するための薬にも、この成分は含まれています。同じく真菌が原因になる水虫なども、ミコナゾールで治すことができます。マラセブシャンプーは、このように、人の体に対しても効果的な物質が主成分になっているので、ワンちゃんに対しても安心して使うことができるわけです。
また、もうひとつの成分として含まれているクロルヘキシジングルコン酸塩液という成分もカギとなるもので、この成分は優れた抗菌効果を持っています。
二つの成分がワンちゃんの体にはびこる真菌を洗い流し、炎症を抑えてくれるのです。